12星座ランキング! 結婚を後悔してしまう人が多い星座は…

しらべぇ | 気になるアレを大調査ニュース!

width=600(Milatas/iStock/Thinkstock)
結婚したあとにパートナーの思わぬ一面を知ってしまったり、想定外のトラブルが起こったりと、かつて自分が選択したはずの結婚に後悔してしまうこともあるだろう。
しらべぇ編集部は全国の結婚したことのある男女701名に「この人と結婚しなければよかったと思ったことがある」か調査を実施した。
 
■結婚後に後悔しがちな星座ランキング
width=600
1位にランクインしたのはさそり座。52.9%と、唯一、半数以上が「思ったことがある」と回答した。さそり座は浮気や不倫に厳しい硬派で、生真面目な性格。
生真面目ゆえにパートナーへの不満のはけぐちが見つかりにくく、ストレスを溜め、パートナーとの結婚そのものを後悔してしまうようだ。
また、さそり座は結婚願望が低いことでも知られており、結婚にあまり向いていない性格なのかも。
2位はやぎ座。やぎ座は人間関係を構築するのが苦手で、浮気されやすい傾向があるため、日常生活でパートナーからの愛を感じることが少なくなりがち。
そうすると必然的に配偶者への気持ちも冷めてしまい、結婚したことを後悔することになるのだろう。
3位にランクインしたいて座は、一目惚れしやすく、恋愛をしがち。後先考えずに突き進んで結婚し、後々ほかの人に惹かれて後悔してしまうのかも。
 
■結婚後の後悔があまりない星座
最下位、草食系なみずがめ座。パートナーに対して多くを求めることがなく、結婚生活の不満の少なさに繋がる。
また、みずがめ座は自分と違ったものや人に対して寛容で、パートナーの行動や性格にストレスを溜めずにいられるところに、要因がありそう。
おとめ座やかに座も33.3%で、後悔した人は少ない。
おとめ座は、不倫に抵抗がない人が多く、他の異性と罪悪感なく関わりをもつことで、パートナーへのストレスを発散させるのかも。
かに座は奉仕の心が強く、パートナーを一途に思い続けるのが特徴。その一途さが、パートナーのすべてを受け入れる度量の大きさとなっている。
・合わせて読みたい→これまでの星座にまつわる調査結果
(文/しらべぇ編集部・ひすい翔子)
【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年8月25日~2017年8月28日
対象:全国20代~60代の結婚したことがある男女701名(有効回答数)