「東京オートサロン」の変遷とは 改造車の祭典はどのように市民権を獲得してきたのか

乗りものニュース

180126第36回を数えた「東京オートサロン2018」に、もはやかつてのような、どこかアングラな雰囲気は感じられません。同イベントはどのようにして、現在の地位を獲得するにいたったのでしょうか。