ロングセラー商品「イボコロリ」の効果~知ってますか? イボ・タコ・魚の目の違い

ヘルスプレス/HEALTH PRESS

 「『イボ』ができた、どうしよう?」と思った時真っ先に思い浮かぶのは、大正8年から横山製薬が販売している超ロングセラー商品『イボコロリ』ではないでしょうか。その名の通りイボのための医薬品ですが、「タコ(胼胝)」や「魚の目(鶏眼)」にも効果があります。
 有効成分「サリチル酸」が皮膚の角質を軟化させ、その角質を腐食させます。サリチル酸が患部に塗布されると、皮膚の奥深くまで薬剤が浸透し、皮膚の下では細胞分裂が活発になり新しい皮膚が下からどんどんイボを押し上げていきます。
 そして最終的に、イボが皮膚から取れるという仕組みです。
 「液剤タイプ」「絆創膏タイプ」「内服タイプ」があり、液剤タイプと絆創膏タイプにはサリチル酸、内服タイプにはヨクイニンが配合されています。
「イボ」「タコ」「魚の目」の見分け方
 イボコロリは、どの症状にも使えますが、発症しているのが「イボ」なのか「タコ」なのか「魚の目」なのかを知っておいて損はないかと思います。
 まず「イボ」ですが、これは主にウイルス感染が原因で起きるものなので「タコ」や「魚の目」とは全くの別物です。表面に茶色の斑点があり、ザラザラしたしこりがある場合は「イボ」の可能性があります。また、基本的に痛みが全く削ると出血するのが特徴です。
 「タコ(胼胝)」と「魚の目(鶏眼)」はどちらも皮膚が硬くなったものです。中心に白い芯のようなものがあり痛みを伴うものが「魚の目」。「タコ」は長期間圧迫され続けることでできるもので、黄色味を帯びて盛り上がった状態です。
 ひと昔前までは「タコ」と言えば、重いものを頻繁に持つ人や、ペンを頻繁に持つ学生の指先、長時間合わない靴を履いたりすることでできるものでしたが、現在は「スマホ・ダコ」や「マウス・ダコ」というものも多く見られます。「オンラインゲームのしすぎでタコができたから薬が欲しい」というお客様が過去にいらっしゃいました。
使えるイボと使えないイボがある
 イボコロリは、イボならどんなイボにでも使えるかというと、そうではありません。イボができる原因は大きく分けて、「ウイルス性」か「加齢性」かで異なります。
 イボコロリを含めサリチル酸含有の医薬品は、ウイルス性のイボにしか効果がありません。ウイルス性のものには、手や足など外傷のできやすい部位にできる「尋常性疣贅」、水虫と同じ感染経路でできる「足底疣贅」、青年期に手の甲だけでなく顔面や首にもできる「青年性扁平イボ」、陰部に感染する「尖形コンジローム」があります。
 また、ウイルス性のイボでも、できる場所によっては使えない場合があります。サリチル酸は刺激が強い成分なため、皮膚の薄い場所(顔・首)や粘膜付近(陰部・肛門付近)には使えません。
 当然、加齢とともにできる「老人性イボ」は、主に顔や首回りなど皮脂腺の多い皮膚の薄い場所にできるため、イボコロリの適応外です。さらに、ウイルス性の「水イボ」と呼ばれる柔らかいイボは、角質を柔らかくすることで治すイボコロリとは合わないため使用できません。
 また、1ヵ所に集中してできているイボにイボコロリを塗布するのは、刺激が強すぎます。「手や足に1つだけできた、ウイルス性の硬いイボにだけ使える」と覚えておきましょう。
 ちなみに「イボ痔になったからイボコロリを塗ったら、悶絶して慌てて洗い流した」というウソのようで本当の話を、お客様から聞いて一緒に笑った記憶があります。
噂の真実①:ホクロは消せるか?
 ホクロは大きく分けて「単純黒子」と「色素性母斑」に分けられます。色素性母斑はイボのように盛り上がり大きくなることが多いので、イボと同じように取れるのではないかと考える人も少なくありません。
 しかし、ホクロとイボは全くの別物で悪性メラノーマ(皮膚がん)の可能性もあるため素人判断で取り除いて良いものではありません。
 過去にお客様で実践された方がおられましたが、ホクロにイボコロリを塗布すると、多少の熱感があるそうです。その後、炎症を起こしてしまい皮膚科を受診し、シミができてホクロよりも目立ってしまったと見せて頂いたことがあります。皮膚の薄い場所かどうかにかかわらず、イボコロリをホクロに使うのはNGです。
噂の真実②:シミは消せるのか?
 イボコロリの有効成分「サリチル酸」はケミカルピーリングにも使われている成分なため、シミにも使えるのではないかと思うかもしれません。実際、ケミカルピーリングの1つサリチル酸マクロゴールピーリングは、皮膚を溶かし、角質ごとシミを剥がすというものです。
 しかし、美容皮膚科で使われている薬剤とは濃度が異なり、アプローチ方法も異なるため、安易にイボコロリをシミに塗るべきではありません。イボコロリを塗ったことで、一層ひどい色素沈着や炎症を起こす可能性があります。イボコロリをシミに使うということはNGです。
噂の真実③:ニキビは治るのか?
 イボコロリの有効成分「サリチル酸」は、プロアクティブやアクネコントロールなどのニキビケア化粧品に配合されているため、一見すると効果があるように感じるかもしれません。サリチル酸には、毛穴のつまりや角質を溶かして取る作用とニキビの原因菌アクネ菌の繁殖を抑える抗菌作用があります。
 しかし、ニキビケア化粧品に配合されているものとは濃度が全く違い、イボコロリをニキビにつけるということは刺激が強すぎます。ニキビは、肌が乾燥することでできやすくなるもの。
 低濃度のニキビケア化粧品でさえ、乾燥肌・敏感肌・大人ニキビには逆効果だったりします。もしそのようなニキビにイボコロリを塗ったらニキビが悪化することは必然です。ニキビの種類にかかわらずイボコロリをニキビに使うということはNGです。
 イボコロリの注意書きには「本剤が健康な皮膚に付着すると、その部分も白く軟化し、痛んだりするので、患部の周りの皮膚につかないよう、よく注意して使用してください。もし、ついた場合にはすぐにふきとってください」と書かれています。
 そのような薬剤を、適応ヵ所以外に塗ることが、あなたにはできますか?
(文=水谷光佑)

水谷光佑(みずたに・こうすけ)
日本で登録販売者としてOTC医薬品販売に従事。その後、視点を人から動物へ移し、動物医療の勉強のためオーストラリアに留学。現在も、新米登録販売者の相談をオンラインで受け付け、人材育成に従事している。
シリーズ「クスリのリスク」バックナンバー