「MEC食」(肉・卵・チーズ)で知る「糖質制限」の誤解~ 本当に効く健康的なダイエット

ヘルスプレス/HEALTH PRESS

 「MEC(肉・卵・チーズ)食」をご存じだろうか? テレビや書籍、雑誌などで知った人も多いだろう。
 今年5月には、テレビ番組『ダイエット総選挙2017夏の陣☆超最新ラクやせ術で体重−15Kg超え続々SP!』(TBS系)の優勝チームが実践した「肉食やせダイエット」として話題を呼んだ。
 「MEC食」は広い意味では「糖質制限」のジャンルに含まれるが、そのアプローチや目的は大きく異なる。「糖質制限」はマイナス(除外・制限)だが、「MEC食」はプラス(栄養摂取)である。
 ダイエットにとどまらず、糖尿病、肥満、生活習慣病、アトピー、うつ......さまざまな悩みを解消する「MEC食」だが、シンプルな食事法であるがゆえ、自己流で誤ったMEC食を行い、効果が得られなかったり、逆に体調を悪化させたりするケースもあるようだ。
 「正しいMEC食」を知る――実際にその恩恵を受けた体験者たちが、SNSなどで啓発・活動を行っている。11月12日、東京都内で開催された「東京MEC食講演会」の内容を一部紹介する。
タンパク質と脂質を十分に摂取する
 まず、MEC食の重要なポイントは次の2つだ。
①肉・卵・チーズを食事の中心にして必須栄養素を満たす 
②一口30回かんで食べる 
 肉(meet)と卵(egg)、チーズ(cheese)の頭文字を取って「MEC食」と名付けたのは、考案者であるこくらクリニック(沖縄県)院長の渡辺信幸医師。まず<肉・卵・チーズ>でタンパク質と脂質など必要な栄養素を十分に摂取して、糖質中心の一般的な食事で陥った栄養不足を解消する。
 その結果、肥満や糖尿病、うつ、イライラなど幅広い症状が改善するのだ。
 MEC食では、1日当たり「肉を200グラム」「卵を3個」「チーズを120グラム」を食べるのが基本。これで足りなければ、量を増やしてもかまわない。
 もう1つ大切なのが「よく噛んで食べる」こと。一口30回以上、しっかり噛むことで、栄養の吸収を高めるだけでなく食べ過ぎを防ぐ。加えて、噛むことは脳へ刺激を与え、活性化させるとすでに報告されている。
 この2つを守ることで糖質の摂取量が減る。つまり、MEC食における糖質制限は「目的」ではなく、「結果の1つ」に過ぎないのだ。
 MEC食を実行して健康を取り戻した人々は、自身の体験をSNSで紹介している。そして、それぞれが情報交換を行って、3年ほど前から各地でグループが派生している。
医師、歯科医師も治療に取り入れるMEC食
 MEC食を治療の一環として取り入れている医師や歯科医師がいる。今年9月、四街道徳洲会病院(千葉県四街道市)に「MEC食外来」を開設した福田世一医師もそのひとり。
 福田医師は、小倉台福田医院(千葉県千葉市)の院長である。すでに自院で実践していたが、今回新たにMEC食外来の開設に至ったのは、さらにMEC食を広める――という考えからだ。
 
 MEC食外来には、糖尿病や脂質異常症、うつ、イライラ、パニック障害などの患者が訪れる。そのほとんどが「薬を使わずに食事だけで改善したい」と希望している。
 また、「本を読んでMEC食を知って実行しているが、今のやり方でいいのか教えてほしい」「スポーツクラブで勧められてMEC食を始めた。3キロ痩せたが、便秘になった」という人なども、同外来に足を運ぶ。
 「MEC食の正しい方法が伝わっていないケースは少なくない。特にジムのトレーナーは、タンパク質の摂取は勧めても、脂質を避けるようにと伝えがち。<脂質を積極的に摂取する>のに、今だに抵抗がある」と福田医師は語る。
 MEC食に興味をもつ人や悩みや疑問の解決のひとつとして、「渡辺信幸MEC&KK30」という情報交換・交流グループに参加して、実践者たちの生の声を参考にしてもいい。
 今後、四街道徳州会病院のMEC食外来では、「動脈硬化」の予防効果を検証を行う予定だ。これまで動脈硬化を招く――とされた肉や卵を食事のメインにするため、不安や疑問をもつ人は少なくないからだ。
 血液検査をはじめ、血管の硬さを評価する「PWV(血圧脈波検査)」、血管壁の厚さを測定する「頸動脈エコー」を用いて血管の状態を確かめる。「MEC食歴が長い人は、ぜひこの検査を受けて、実際の年齢と血管年齢を比較してほしい」(福田医師)
 また、「東京MEC食講演会」での座談会には、「ダイエット総選挙2017夏の陣」で「肉食やせ」チームの一員だった吉村真麻さんも参加。高校3年間で30kgの激太り後、同番組でMEC食にトライ。2カ月間で17.9kgのダイエットに成功し、リバウンドもない――とその効果を熱く語った。
 
 講演会で登壇した渡辺信幸医師は、「病気を治しても健康にならなければ意味がない。まず、私たち自身が健康でなければ、さまざまな社会問題にも対峙していけない。MEC食で健康になる――は社会運動である」と述べている。
(文=編集部)
福田世一(ふくだ・せいいち)
小倉台福田医院(千葉県千葉市)院長。同医院は平成24年4月に開業し、内科・外科・整形外科・小児科・皮膚科を標榜。全科においてMEC食を治療方針として、高血圧や糖尿病の治療をはじめ湿潤療法による熱傷(やけど)などの創傷治療、トリガーポイント注射、エコーガイド下筋膜リリース注射による疼痛治療の緩和なども行っている。今年9月より四街道徳洲会病院(千葉県四街道市)で「MEC食外来」(電話番号:043-214-0111、毎週金曜午前に診療)をスタート。医学博士、日本内科学会認定内科医、日本透析医学会専門医、日本抗加齢医学会専門医、高濃度ビタミンC点滴療法認定医など。
*「小倉台福田医院」www.clinic-fukuda.jp、「MEC食ドクター福田世一 プチMEC食のススメ」seiichizb4.blog.fc2.com、「千葉・東京MEC会の情報サイト」http://meckk30.org/