日本人の出生体重と平均身長が下降傾向 研究者らは今後の健康人口減少を懸念

Aging Style

現在の日本人の低出生体重誕生率は20年前の2倍近くに達しており、成人の身長低下を招いている可能性がある――。
どちらかといえば健康なイメージがある日本の気になる傾向を調査した結果が、国立成育医療研究センターや聖路加大学の研究者らによって発表された。
続きは「Aging Style」へ