ボクシング世界2階級王者の驚くべき動体視力

TABI LABO

ウクライナのプロボクサー、ワシル・ロマチェンコは、フェザー級、スーパーフェザー級の2階級を世界最速で制覇した男。その比類なき強さの秘訣は、ユニークなトレーニング法にあった。
その方法とは、帽子にゴムでつないだテニスボールをひたすらジャブし続けるというもの。かなりの動体視力が要求されるだろうが、じつに的確にボールを打ち返していることが分かる。
…と、いくら文字で説明したところで意味をなさない。これはもう動画でチェックしてもらうしか。
Licensed material used with permission by Behind The Gloves