ドラマ『ツイン・ピークス』新シリーズのオープニング映像が公開。オリジナルと何が違う?

ギズモード・ジャパン

170525_twin_peaks_op.jpg

ついに、ついに! 放送開始されたドラマ『ツイン・ピークス』新シリーズ(邦題は『ツイン・ピークス The Return』)。
日本放送は夏なのでまだ少し先ですが、一足先に見ちゃった筆者はこの興奮と感動を誰かと分かち合いたくてウズウズ。
でもリンチ・ファンとしてネタバレは極力したくないので、本編には関係なくてもシリーズにとって非常に重要な映像ーー、新シリーズのオープニングをご覧いただきたいと思います。
では、どうぞ。


video: Twin Peaks/YouTube

トロフィーと共に飾られているローラ・パーマーの遺影写真のアップから始まり、ゆっくりとアンジェロ・バダラメンティ作曲のテーマソングが流れます。タイトルロゴは昔と変わらず。ノスタルジックを感じさせ、ファンを一瞬にして25年前にタイムスリップさせます。
オリジナルのオープニングにも映っていた滝を上から見下ろすショット。赤い部屋の激しく揺れるカーテンに、同じく赤い部屋のジグザグな床。穏やかに流れていた水が、大きな岩によって二手に分かれ、滝壺に勢いよく落ちていく様子は、25年の静寂を破って再び動きだした『ツイン・ピークス』そのものを表現しているみたい。
現実と異空間を隔てる赤いカーテンの激しい揺らめきは、両世界の歪みを表しているのかも。また、悪魔と天使の世界が入り混じる様を表現したジグザグの床がグルグルと回転していますが、これは善と悪の境が不明瞭になるということかもしれません。
では、せっかくなのでオリジナルのオープニングタイトルと比較して見ましょう。


video: Diego Schonhals/YouTube

自然豊かな田舎町、経済を支えるのは巨大な工場。機械の単調で規則正しい動きは、ここに住む人々の穏やかで代わり映えのしない生活を意味しているのでしょう。
線路横に置かれた巨大な丸太。車一台、野生動物一匹通らないツイン・ピークスへ繋がる道。落差はそこまでないものの力強く叩きつけるように落ちる滝。そして穏やかに流れる川の水。
オリジナルのオープニングは事件の舞台である町や人々の生活を見せることに重視した作りになっています。一方の新シリーズは登場人物らが運命に翻弄される様を描いているようです。
気になりますよね、新シリーズ。筆者が見た感想ですが、「期待以上! 」。
新シリーズはオリジナルよりサスペンス要素もミステリー要素も強いです。また1ショットの尺が眺めなので、ストーリーを追いかけるのではなく、自分で色々と考えさせるようになっています。そして見た後は満足感が高く、作品への一体感が楽しめました。新シリーズはオリジナルの謎解き編かと思っていましたが、まだまだ謎は続き、ファンは再びリンチ監督の手のひらの上で転がされそうです。
・新シリーズの放送前に3分で振り返るドラマ『ツイン・ピークス』
image: © 2017 Showtime Networks Inc. and Showtime Digital Inc. All rights reserved. via Twin Peaks/YouTube
source: Twin Peaks/YouTube, Diego Schonhals/YouTube
(中川真知子)