日本アニメ100周年特別企画が開催! ピカチュウも登場した「第18回 Japan Expo」発表会

おたぽる

 ヨーロッパ最大の日本カルチャーイベント「JAPAN EXPO」。今年は7月6~9日にかけてフランス・パリのパリ・ノール・ヴィルパンにて「第18回 Japan Expo」が開催されるが、その日本プレス向け発表会が24日に行われた(東京・国立新美術館)。
 2000年に第1回が開催された際の入場者数は約3,200人だった「JAPAN EXPO」。それが昨年の第17回では来場者23万4,852人と大きく成長を遂げ、今年の来場者は約24万人、世界各国から約650社の出展(うち、日本企業は120社程度)を見込む大イベントに。このイベントで新情報がお披露目となったり、注目のクリエーターやアーティストが参加することも増えてきている。
「日本のアニメやマンガはすごい! ヨーロッパでも人気!!」などと、日本のアニメやマンガのファンが優越感に浸ることができるという程度の規模ではない大イベントだ。
 それだけに多くのプレスが参加して「第18回 Japan Expo」発表会は行われた。会はOP映像、経済産業省商務情報制作局 文化情報関連産業課長・山田仁の挨拶から始まり、「JAPAN EXPO」創立者の一人で副代表のトマ・シルデがプレゼンしていくスタイルで進行。
 まずは、現存する日本最古のアニメーションフィルム『なまくら刀』が、幸内純一氏によって制作されてから今年で100年を迎えることを記念し、特別企画「Anime100」が開催されることに。
 企画の名誉顧問を務める元マッドハウス社長で現MAPPA会長、日本のTVアニメ黎明期から活躍してきた名プロデューサー丸山正雄(『SHIROBAKO』のキャラクター・丸川正人社長のモデルとしてもお馴染み)も発表に登場。
 壇上に上がった丸山PDは「『アニメ』という多言葉がないころから業界に関わってきました、手塚(治虫)さんの『鉄腕アトム』のころからやってきて、当時一緒にやってて、今でも現役にいるのはもう10人もいないんじゃないかな」とボヤキ交じりに挨拶。会場の笑いを誘うと「年功序列で選ばれたんだろうけど、やってきた本数だけでいえば一番多いかもしれないし」と続け、「日本とフランスとで、日本のアニメがどう展開していくのか見守っていたきたいと思います」と締めくくった。
 また、「Anime100」では過去100年の日本アニメの中から100作品を取り上げ、大規模展示を行う。なお、選ばれる100作のうち80作は1917~1999年の大ヒット作や革新的な作品、残る20作は一般投票で選ばれたもの。どこかのNHKにも見習ってほしい作品選定だが、あわせて丸山PDを筆頭に、『攻殻機動隊S.A.C』シリーズの神山健治監督、60年代から活躍するベテラン小林七郎美術監督、『ユーリ!!! On ICE』を手掛けた山本沙代監督、羽原信義監督といった豪華なクリエーターもゲストとして来場する。
 さらに記念すべき劇場版アニメ20作目となる『劇場版ポケットモンスターキミに決めた!』のワールドプレミア(先行試写会)も行われることに!
 もちろんアニメだけではなく、欧州最大規模だというコスプレイベント、アーティストたちのライブ、マンガやゲームに加え、日本の伝統文化や和食文化を伝えるブースやイベントも開催される。
 何せ場所が場所なので、興味がある方は足を運んでみては? などと気軽にはいえないが、興味深いゲストやイベントも多い。公式サイト(日本版もあり)などをチェックしてみてはどうだろうか。
■「第18回 Japan Expo」公式サイト
http://www.japan-expo-france.jp/jp/
■アニメ特別招待ゲスト
・丸山正雄 、野田卓雄、須田正己、友永和秀、大倉雅彦、小林七郎、和田卓也、羽原信義、山本沙代、神山健治、櫻井圭記、竹内孝次
■アーティスト
・EPIC STAR、THE HOOPERS、kukatachii、MAGIC OF LiFE、MONOEYES、notall、suga/es、UMI☆KUUN、杏仁ショーケストラ、カミツキ、虎の子ラミー、虹のコンキスタドール、ブレイク☆スルー、わーすた
■キャラクター:
・こねこのチー、ピカチュウ
■漫画:
・イロノ
■ゲーム :
・小高和剛
■ その他:
・ポケットモンスター20 作目『劇場版ポケットモンスターキミにきめた!』ワールドプレミア
・初の実写化『鋼の錬金術師』の予告編上映
・ミュージカル『刀剣乱舞』
・東京力車
・鉄拳:お笑いショー