橋本環奈、フェチ三昧なSEXYデビューにファン歓喜! “中身はおじさん”のギャップで人気アップ?

おたぽる

 10日に発売された女性ファッション誌「ar」(主婦と生活社)12月号の表紙と特集に女優の橋本環奈が登場。初挑戦だというセクシーショットが、「まるで別人みたい」「大人な環奈ちゃんも素敵」などとファンに絶賛されている。
「同誌の今号のテーマは“SEXY”ということで、橋本はニットやくちびる、眉などといった自身のフェチにスポットライトをあてたものや背中があらわになったドレスなどセクシーな姿を披露。“お色気デビュー”と銘打たれた特集記事に対して、自身のインスタグラムでは『まさかのセクシー号。笑』と照れ気味のツイートをしましたが、衣装だけでなく大人びたヘアメイクも含めて『パッと見だと誰かわからない』『誌面から色気がダダ洩れしてる』などと驚きと称賛の声が相次いでいます」(芸能関係者)
 また、同誌にはグラビアだけでなく初解禁だという橋本の情報も掲載され、“1000年に1人の美少女”とも称されるルックスとは相反するような性格であることを明かし、それもまた話題となっている。
「グラビアページでは“スーパー愛くるしいルックスと小悪魔ヴォイスのギャップで無敵”と紹介された橋本ですが、インタビューでは自身の性格について『おじさんみたい』と言われがちだとし、『おじさんっぽい味覚でしょ(笑)』と言いつつ、イカの塩辛が好きだということも語っています。これに対してネット上では、『美少女なのに中身はおじさんというギャップに萌える』『お洒落な食べ物しか食べないと思ってたから親近感が湧いた』などと好感度がアップしているようです」(同)
 今年7月に公開された映画『銀魂』ではガッツリと鼻をほじるなど、衝撃的なシーンを体当たりで演じ新境地を拓いた橋本。美少女なのに三の線キャラが演じられるコメディエンヌとしての活躍が期待できそうだ。