8年目・オリックス駿太がレギュラー奪取へ「甘えていた自分もいた」

Full-count | フルカウント ―野球・MLBの総合コラムサイト―

今季から心機一転、登録名を後藤駿太に変更
「勝負の1年になる」。オリックスの後藤駿太外野手は何度もこの言葉を繰り返していた。
 後藤駿太は2010年ドラフトで大石達也(西武)、伊志嶺翔太(ロッテ)、山田哲人(ヤクルト)を抽選で外した後、「外れ外れ外れ1位」でオリックスに入団。ルーキーイヤーの11年には高卒新人野手では球団史上初の開幕スタメンと鮮烈なデビューを果たしている。
 スターへの階段を駆け上がるかにみえたが、ここまで満足いく成績は残せていない。昨年までプロ7年間の通算成績は675試合出場、1360打数307安打13本塁打110打点、打率.226。新人から7年連続で開幕1軍入りを果たしているが、規定打席到達は一度もないのが現状だ。
 ソフトバンクと優勝争いを演じた2014年には打率.280をマークするなど、幾度となくレギュラーを獲得する機会はあった。だが、そのチャンスこそ自らの手でつかんだものではないと口にする。「入団した時から今まで与えられていた部分があったと思うし、甘えていた自分もいた。自分で掴んだ部分もあったが、そのチャンスを掴めなかった」。球団の期待に応えられないもどかしさは誰よりも本人が一番、感じていた。
 今年の3月で25歳を迎える。入団1年目からチャンスがありながら現時点ではレギュラー定着には至っていない。プロ8年目を迎える今シーズンは、まさに背水の陣で挑む年になるが「これからもっと厳しくなると思います。けど、変な話ですが今が一番やりがいがある。『野球やってるな』って思うんですよ」と表情は明るい。レギュラーは与えられるものではなく奪うのもの。不安よりも、真っ新な気持ちで勝負できることが嬉しかった。
チームは1番打者が不在「やる以上は僕はまだ遅くない」
 オリックスの外野陣はロメロ、吉田正、T-岡田ら長打を武器にする選手が多い。打線も中軸を打つ選手が揃っており、1番打者不在がチームの最重要課題ともいえる。駿太自身もそこは自覚し、「今のチームにはレギュラーで打つ、走る、守る、全てが揃っている選手はいない。今年で8年目になりますけど、やる以上は僕はまだ遅くないと思っています」と「1番」奪取に意欲を見せている。
 オフは2年連続でDeNA・梶谷に弟子入り。走攻守、全ての面でレベルアップを求め、連日ハードなトレーニングを積んだ。「体を強くすることを一番にやってきました。どこをどうするというよりも全てを鍛える。自分はそういう部分で結果を残さないといけない選手と思っているので」と胸を張る。
 現在は大阪・舞洲の球団施設で2月1日から始まる春季キャンプに向けバットを振り続けている。「築き上げてきた部分もあるが、やっぱり試合に出続けたい。誰もがそう思う」。守備固め、代走、代打と便利屋で終わるつもりは毛頭ない。「今はワクワクしています」。自らを信じ、胸を張れる成績を残すため激しいレギュラー争いに挑む。(Full-Count編集部)