知られざる「御室派」の秘仏が一堂に会す展覧会《仁和寺と御室派のみほとけ-天平と真言密教の名宝-》

サライ.jp|小学館の雑誌『サライ』公式サイト

width=500仁和寺外観
取材・文/藤田麻希
真言宗御室派(おむろは)の総本山である仁和寺(にんなじ)は、遅咲きの御室桜の花見で賑わう京都の古刹です。宇多天皇が仁和4年(888)に創建して以来、歴代天皇の信仰を集め、多くの絵画、書、彫刻、工芸品が伝わっています。
その仁和寺を中心とする全国約790箇寺の「御室派」寺院の寺宝が一堂に会する特別展「仁和寺と御室派のみほとけ-天平と真言密教の名宝-」が、東京国立博物館で開催されています(~2018年3月11日)。
出展品の中でもぜひ注目していただきたいのが、展覧会史上、初めて30帖が揃って展示される国宝『三十帖冊子』です(1月30日以降は2帖ずつ展示)。これは、かの弘法大師・空海が遣唐使として中国・唐に留学したときに、現地で写し、日本に持ち帰ったという経典類です。
15cm×15cm程度の小さな冊子が、空海のほか、現地の写経生(お経を写す専門家)など、約20名の字でびっしりと埋め尽くされています。巻物状に仕立てるのではなく、小さな冊子状にしていることから、空海が携帯し、自らのそばに置いていたと考えられています。
width=500国宝 三十帖冊子 空海ほか筆 平安時代・9世紀 三十帖 京都・仁和寺蔵※通期展示、帖替あり、1月16日(火)~28日(日)限定で全帖公開
 
東京国立博物館150年史編纂室長の恵美千鶴子さんに、空海の書の魅力を伺いました。
「『三十帖冊子』の字は、空海の他の書に比べると小さいため、本当に空海の書なのかと疑問に思う方もいらっしゃると思います。しかし、一字一字を拡大してみますと、小さい筆の穂先を自在に使いこなして、自分の書を書いていることがよくわかります。他の写経生が書いたものとくらべますと、より違いが感じられます。
空海が持ってきたからこそ日本に伝わったという内容も含まれ、真言密教で本当に大切なものとして伝わってきた冊子です。そういった歴史の重みも含めながら、じっくりご覧いただいて、空海のすごさを感じていただければと思います」
*  *  *
また本展には、普段は厨子などの中に納められ拝観することができない秘仏も多く集まっています。
大阪・道明寺の本尊、十一面観音立像(国宝)は、お寺では毎月18日と25日にだけ開扉される仏様。インドや中国で白檀などの香木を材料に、無彩色で仕上げられた仏像を檀像といいますが、それらを意識して日本で採れる榧材で造像されたものです。
引き締まった身体、弾力を感じさせる頬、幾重にも重なった柔らかそうな衣などの質感の描写が見事です。
1 2