ヒートアップする発言は「ホンダを愛している」から!? フェルナンド・アロンソ大特集【F1速報×F1女子~イギリスGP号~】

clicccar.com(クリッカー)

7月20日(木)に「F1速報イギリスGP号」が発売されました。
今号はフェルナンド・アロンソ選手祭り! 巻頭特集「決別か?共闘か?難渋するフェルナンド・アロンソの本音」では、今シーズンのプレイバックをはじめ、誰もが気になるアロンソ選手の真意、将来、評価について詳しく書かれています。
全13ページにわたる特集は、どれもおもしろくて紹介箇所を選ぶのに一苦労でした。もう、いっそのこと全部紹介したいくらい! しかし残念ながらそれは叶わないので、各コンテンツからかいつまんで紹介しますね。
width=618
■愛するがゆえのホンダ批判
今シーズン、特にヒートアップしているように感じられるアロンソ選手のホンダ製パワーユニットへの不満。無線から「エンジン!エンジン!」と悲痛の叫びが聞こえてくると、なんとも言えない気持ちになりますよね。
こちらのコンテンツでは、様々な人、そしてアロンソ選手自身の話からその真意に迫っています。
width=618
スペインのエル・コンフィデンシャル紙の記者であるミゲル・カリカス・ラスパラスはアロンソ選手の発言を「ホンダを愛しているから」だと言います。
「フェルナンドの発言はホンダを憎んでいるのではなく、むしろホンダを愛しているからなんだ。『もっといいパワーユニットを作ってほしい』というホンダへのプレッシャーだよ。なぜなら、彼はもう一度、チャンピオンになろうと真剣に考えているからね」
そんなアロンソ選手のホンダへの愛を感じられるエピソードも紹介されていました。
実はホンダが15年にF1に復帰する際、その準備段階でホンダのパワーユニットのセッティングに対してアドバイスを行っていたのだそうです。
「ウインターテストの前にデプロイに関してどこがポイントになるのか、彼なりに重要だと思っていることを我々に教えてくれました。でも、最初は彼が言っていることが分からない部分が正直ありました。それがサーキットでマシンを走らせてくうちに、『そういうことだったのか』とか『やっぱり、彼が言っていた特性にしなくちゃいけないんだな』ということがしばしばありました。16年に向けてデプロイが大きく改善されたのは、15年シーズンを前にしたあのフェルナンドとの学習期間があったからです」(ホンダ/中村聡チーフエンジニア)
width=618
さて、アロンソ選手自身は自分の発言に対してどのように思っているのでしょうか。
「僕は事実を言っているだけだ。それはホンダに対してだけではない。もしタイヤが悪ければ、タイヤを批判するし、前にいたチームでも戦略ミスがあったりすれば、それを批判してきた。僕は勝ちたいんだ。だから、間違っているものを指摘するのは当たり前のことだ」
そして現在の心境も語ってくれています。
「今年のレギュレーション変更にすごく満足している。以前のようにコーナーを攻めることができるからね。運転していて、自分がこんなにもコンペティティブだと感じたことはかつてない。なのに、それが結果につながらない現状には正直、フラストレーションを感じるよ」
■その進化、無限大
現役No.1と言われ続けているアロンソ選手について、元F1ドライバーの5人が解説する「その進化、無限大」。
width=618
F1で通算3勝、1991年にマツダでル・マン24時間を制覇したジョニー・ハーバートはアロンソ選手のことを以下のように語っています。
「フェルナンドは、マシンに何が起きつつあるかを正確に理解できるんだ。ステアリングホイールや自分の尻の皮を通じてマシンの挙動だけではなく、タイヤが路面に対してどうなっているかも敏感に感じ取っている。エンジニアが無線でドライバーにタイヤの温度が高すぎると伝えた時には実際にはもう遅すぎるし、一度そうなってしまうと、また理想的な温度レンジに戻すのはとても難しい。タイヤをオーバーヒートさせないギリギリのところで使えるというのも、ズバ抜けたドライバーだけができることだ」
さらに続けます。
「フェルナンドはレースの展開を読むのがうまくて、自分のまわりで何が起きているかをいつも正確に把握している。ドライビングに集中しながら、頭の中の別の部分でレースについて深く考えることができるんだ。私はそうした能力を『レーシング・インテリジェンス』と呼んでいる」
width=618
この他にもデイモン・ヒル、ジャック・ビルヌーブ、アレクサンダー・ブルツ、デイビッド・クルサードが登場。プロの目から見たアロンソ選手のすごさは一体何なのか、ぜひチェックしてみてくださいね。
■閉ざされたトップ3への扉
今シーズン限りでマクラーレン・ホンダとの契約が終了するアロンソ選手ですが、この調子だと引退しちゃうかも!?と不安に思っている方、多いのではないでしょうか。
本誌によると、バクーでメルセデスのトト・ウォルフとニキ・ラウダと夕食をともにしたマネージャーのフラビオ・ブリアトーレは、メルセデスにとってアロンソ選手がいかに有益であるかを説いたものの「メルセデスがフェルナンドの加入を希望することは今後もいっさいない」と言い渡されたのだそうです。
width=618
また、古巣フェラーリに控えめなアプローチをかけるも「再びアロンソがフェラーリでレースをする可能性は1ミリもない」と完全否定。
レッドブルは独自のドライバー昇格システムを採用しているため、移籍は考えられない……ということは、やっぱり引退!?(涙)
しかし、アロンソ選手はまだ引退を考えていないようで「マクラーレン・ホンダが18年にはしっかり準備を整えてくることを期待して、おそらく来季も残留することになるだろう」と本誌は予測しています。
width=618
アロンソ選手はオーストリアGPで「18年のプランが明らかになるのは10月中だろう」と何度か口にしていたのだそう。ファンとしては一日でも早く来シーズンの行方を決めてほしいところですが、アロンソ選手を信じて待つしかないですね!
アロンソ選手特集だけでなく、もちろんイギリスGPレース速報もありますよ。
■FOCUS OF THE GRAND PRIX
大勢のファンが詰めかけた(日曜日13万7500人)、イギリスGP。たくさんのイギリス国旗でうめつくされたスタンドの熱気は、TVからも伝わってきましたよね。そんな母国GPで見事ポール・トゥ・ウインをきめたルイス・ハミルトン選手はサーキットに訪れたファンについて語っています。
「スタートした直後、向こう側に見えたスタンドの観客が総立ちになるのが見えた。コーナーを回って、次のストレートエンドでもスタンドの観客が総立ちで旗を振ってくれていた。その次も、またその次も。オープニングラップだけでなく、51周ずっとだよ」
width=618
イギリスGP通算5度目の優勝となったハミルトン選手。レース終了後のインタビューから、その興奮ぶりがうかがえます。
「この勝利がどれだけうれしいか、言葉では表せない。みんなのサポートは本当に信じられないくらいすごかった。一斉に旗が振られているのを見ると、胸がいっぱいになるんだ。たったひとりのドライバーに、これだけの愛情を注いでくれる人たちは世界中、ほかにどこにもいない」
■TURNING POINT
ラスト3周で起こったフェラーリとレッドブルのタイヤトラブル。レースは最後まで何が起こるか分からないとはいえ、衝撃的な展開でした。「TURNING POINT」ではあの時の様子を詳しく解説しています。
タイヤトラブルにより、約半周のスローダウン走行を強いられた挙句、緊急ピットインとなったキミ・ライコネン選手は今回のことに関して疑問に思っているようです。
「一度もロックさせていない。パフォーマンスの低下もなかった。レース中にデブリにヒットした覚えもない。なぜタイヤがイッてしまったのか分からない。何が起こったか分かるまで時間がかかるかもしれない」
width=618
これに対し、ピレリのモータースポーツ・レーシング・マネージャー、マリオ・イゾラは次のようにコメントしています。
「キミの場合、タイヤ構造には問題はなかった。カーカスにはしっかりとエアが入っていたが、トレッドの一部が剥がれ落ちていた。セバスチャンの場合は、エアが完全に失われていた。完全なタイヤトラブルだ。したがって、2件の問題に共通する原因があるとは言えない。フェラーリからできるだけデータを収集して、分析を行わなければならない。ソフトタイヤでフェラーリを上まわる周回を重ねて、問題が発生していないケースも複数ある。キャンバー、タイヤ空気圧など、我々の推奨はあるが、フェラーリはこれを完全に守っていた。現段階では、原因は謎だ。しっかりと調査をして、最終的な報告をしたい」
width=232
この他にもザウバーとホンダ提携解消の噂についての真相や、英国最大のモーター・イベント「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード2017」のレポートなど、読み応えのある一冊でした。
そして表紙をかざるアロンソ選手の写真が、渋くてかっこいいこと! アロンソ選手ファンの方、永久保存間違いなしですね!!
(yuri)
【関連リンク】
三栄書房オンライン通販
http://www.sun-a.com/sp/tuhan/
画像付き元記事はこちら:ヒートアップする発言は「ホンダを愛している」から!? フェルナンド・アロンソ大特集【F1速報×F1女子~イギリスGP号~】(http://clicccar.com/2017/07/22/492339/)
あわせて読みたい
ルイス・ハミルトンが母国GPで優勝!大規模F1イベントに衝撃展開のレース、超豪華なインタビュアー登場に大盛り上がり!!【2017年F1第10戦イギリスGP】
準備するストラテジー数は200万通り!? レースストラテジストの仕事内容に迫る!【F1速報×F1女子~オーストリアGP号~】
バルテリ・ボッタスがポール・トゥ・ウィン!リカルドが表彰台にいるということは……!?【2017年F1第9戦オーストリアGP】
笑顔が可愛い18歳、ランス・ストロールがF1ドライバーになるまでに苦労してきたこととは?【F1速報×F1女子~アゼルバイジャンGP号~】
先輩の勧めは断れない!? F1初表彰台でランス・ストロール選手がシューイを披露!【2017年F1第8戦アゼルバイジャンGP】