「肌のゴールデンタイム」は嘘だった? ウワサの真相が知りたい

20180119_skincare 本当か分からないけど、なんとなく信じてしまっている肌にまつわるウワサ。
実際のところ、本当なの? ウソなの? 気になるウワサの真相を、探ってみました。
午後10時~午前2時までのゴールデンタイムの睡眠は、美肌に良い?
「ゴールデンタイムには成長ホルモンが分泌されるから、美肌に良い」というウワサは耳にタコ。
幾度となく耳にしてきたウワサだけど、美容外科「東京イセアクリニック」の総院長、吉種克之さんによると、医学的根拠はないのだそう。
吉種さん:成長ホルモンは入眠直後の熟睡期に分泌されます。目安としては入眠3時間後。昨今の日本において、午後10時に寝るのは現実的ではありませんし、ゴールデンタイムを深く意識しなくて大丈夫でしょう。しかし、睡眠は健康な肌作りにとても大切で、新陳代謝を促し美肌を維持し、シミやシワの予防にもつながります。自身にあった睡眠時間で良質な睡眠を心がけてください。
睡眠は美肌作りにおいて重要。でも、ゴールデンタイム自体は深く意識しなくて良いみたい。
たしかに、ウワサに縛られて無理するよりも、自分にあった睡眠時間を見つけることのほうがよっぽど現実的だし健康的な気がする。
スマホの使いすぎは「首にシワ」や「顔のたるみ」の原因になる?
下向きの姿勢が首のシワや顔のたるみの原因につながるというウワサ。
つい納得してしまいそうだけど、こちらも医学的には根拠なし。
吉種さん:昨今スマホが原因で老け顔になるともいわれますが、鵜呑みにする必要はありません。信じ込むことにより精神的にも負担がかかるので注意が必要です。
使いすぎが良くないのは、スマホに限ったことじゃない。
ウワサを鵜呑みにして、スマホを使うことに必要以上にネガティヴになる必要はなさそうです。
顔の筋肉は鍛えたほうが、シワやたるみの改善になる?
顔の筋肉は鍛えたほうが、シワやたるみの改善になるというウワサも、じつは間違い。
シワは表皮上にできるため顔の筋肉とは関係がなく、たるみにおいても筋肉上に発生するものではないので、顔の筋肉を鍛えてもシワやたるみの直接的な改善にはならないのだそう。
吉種さん:顔の筋肉を鍛えようと無理に引き上げたり、引っぱったりすると、摩擦によりシワやたるみができやすくなってしまうので、やりすぎには注意が必要です。
改善させるどころか、逆にシワやたるみができやすくなってしまう可能性もあるというから驚きです。
正しい情報も間違った情報も、かんたんに手に入るいま。情報に踊らされるんじゃなくて、味方にする力を身につけたい。
写真/gettyimages