フランス人が愛する村エギスアイムの 代名詞はアルザスワインと軒先の花々

CREA WEB

 石畳の通りに伝統的な木骨造りの家々が並ぶ、エギスアイム村。人口わずか1700人ほどと小さいが、11世紀にフランス初のローマ教皇、聖レオ9世を輩出した、歴史ある村だ。 この村の代名詞となっているのが、ワインと花。アルザスワイン発祥の地でもあり、村は一面のぶどう畑に囲まれている。家々の軒先を飾るのは、色とりどりの花。その美しさが評価され、1989年に「フランス花のグランプリ」、2006年に「ヨーロ…