道産の素材をたっぷり使ったふわふわのパンケーキが話題。北海道「スヌス」

ことりっぷ

北欧のアンティーク&ヴィンテージ雑貨のセレクトショップと、北海道産の素材を使用したふわふわのパンケーキが楽しめるカフェを併設する「SUNUSU(スヌス)」。ヨーロッパ各地を巡り歩いて探したアンティークと、こだわりのパンケーキで贅沢なひと時を過ごしてみませんか?

JR旭川駅から旭川買い物公園通りを歩いて15分ほどの場所にある「スヌス」。1階は北欧の雑貨や食器などを取り揃えるアンティーク&ヴィンテージのセレクトショップで、2階がカフェになっています。店名はフィンランドの作家トーベ・ヤンソン『ムーミン』に登場するスナフキンのスウェーデン語となるスヌス・ムムリクから。2012年にセレクトショップから始まり、その一年後にカフェをオープン。オーナーである男性の阿部さんと女性の金谷さんの2人で運営しています。
パンケーキを目当てに訪れる人がほとんどというカフェは北国ならではのウッディーな雰囲気。店内には2人がけのほか、窓側に10人ほどが座ることができるロングテーブルがあります。カウンター席もあるので、思い思いに過ごせますよ。

おすすめのパンケーキは定番でプレーン、ミックスベリー、キャラメルチョコバナナ、スパムエッグの4種類。ほかに春はいちご、秋はりんごを使ったものなど季節限定メニューも用意しています。
パンケーキはオーダーを受けて、1品ずつ生地を混ぜ合わせ泡立てるところから作るこだわり。「一から作ることで味わいは違います。ちょっとお時間をいただきますが、作りたてを楽しんでほしいですね」と金谷さん。「スヌス」のパンケーキに使っている素材は小麦や牛乳、生クリームなどすべて北海道産で無添加のもの。卵も生臭さがほとんどなくて、濃い味わいが特徴の新鮮な卵を毎朝、比布町の大熊養鶏場から届けてもらっているそうです。
カフェタイムの後は1階のセレクトショップへ。お店で取り揃えるアンティーク&ビンテージの雑貨、陶器、布などは、年に数回オーナーの阿部さん自らスウェーデンやベルギー、デンマークなど各国に出かけて買い付けるのだとか。フィンランドでも希少なARABIAのカップ&ソーサー、スウェーデンのロールストランドやグスタフスベリの食器など、コンディションの良い美品が並びます。
お店で取り揃えるアイテム数は日本でも屈指の品揃え。そのため北海道だけではなく、東京や名古屋、大阪など本州からわざわざ訪れる方もいらっしゃるそうです。
北海道の風土が北欧に似ているとオーナーの阿部さん。そんな北国の魅力を食や雑貨で伝える「スヌス」で過ごしてみてはいかがでしょうか。