まるでキャラメルのような口どけ。2018年「ピエール マルコリーニ」の新作チョコレート

ことりっぷ

ベルギー王室御用達のショコラティエ「ピエール マルコリーニ」。今年は、ロマンティックなピンクをキーカラーにしたキュートな装いで登場します。2018年の新作は「夢」がテーマ。これまで私たちが口にすることができなかった、日本限定の新作についてもご紹介します。

2018年のモチーフは、ベルギーでは古くから「愛」と「幸せ」の象徴とされてきた「タツノオトシゴ」。バレンタイン限定のパッケージには、向かい合う2匹のタツノオトシゴが並んでいます。
注目は、タツノオトシゴをかたどった新作「Sea Horse(シー ホース)」。マルコリーニ独自のクーベルチュールチョコレートがストレートに味わえるプレーンなミルクチョコレートです。

ミルククーベルチュールはもともと製菓用に使われていて、私たちがそのまま口にすることはあまりないもの。ですが「この美味しさを、そのまま味わってほしい」という思いから、今回新作として形になったのだそう。まるでキャラメルのような口どけを、ぜひ味わってみて。
フランス語で「夢想」を意味する3種の新作「SONGES(ソンジュ)」も見逃せません。
バニラとスペルト小麦の組み合わせが面白いホワイトチョコレートの「ソンジュ ヴァニーユ バディアンヌ」など、スーパーフードといわれる食材を使った新境地です。

チョコレートとの絶妙なバランスが織りなす香りや食感は、まさにマルコリーニならでは。おいしくて身体にいい、そんな究極の贅沢を叶えてくれます。
通常パッケージはシンプルなデザインですが、直営店限定の「バレンタイン セレクション」には、タツノオトシゴが少しポップでカラフルにあしらわれています。食べ終わった後でも、ペンケースや小物入れとして使えるのがうれしいポイントです。
今年のバレンタインは、ピエール マルコリーニのチョコレートで、甘いひとときを過ごしてみてはいかがですか?